Hi-Ceramics

HOMEConcept > about Fango

  • ビスケットとは
  • ファンゴ シリーズについて
  • モティーフ シリーズについて
  • コーディネーションスタイル
  • タイル工房を訪ねて
  • ご採用にあたってのご注意

TiNTA

Fango ファンゴ シリーズ

焼きものならではの味わいが堪能できる おおらかなタイル

 アメリカ南部、荒涼とした灼熱の地に独特の製法によりタイルを手づくりする小さな工房があります。そこで作られる製品は、砂漠においても強く美しく育つサボテンやその花のような輝きを持っています。

 その工房では社長自らがデザイン、焼成、絵付けに至るまで、すべてを管理し、一貫した製造を行っています。多くの人を魅了しているのは、その独創的なパターンと重厚な質感。いったん焼き上げた素地は、釉薬をかけて窯入れを行います。これを幾度となく繰り返すことで生まれるのが、独特の深みある表情です。

 また、絵付けは職人が手で描くため、ひとつひとつ表情が異なり、それが個性となっていくのです。

fango

 手間と時間を要するこの工程を経て出来上がる製品は、一日にごくわずか。それでも、人の手にしかつくり出せない表情を追求し、今もなおハンドメイドでのものづくりにこだわっているのです。

 デザイナーがかつて日本を訪れた際に、伝統的な織物の文様や色合いに出会い、インスピレーションを受けたデザインの製品も数多くあるといいます。だからこそ、日本の住まいにしっくりとなじみ、私たちにどこか懐かしい、あたたかな気持ちを与えてくれるのではないでしょうか。

  • fango_img

    1. 工房があるのはアメリカ南部 砂漠地帯特有の美しい山並みを眺められる自然に囲まれたエリア

  • fango_img

    2. 商品のなかで特に人気なのが、日本の「麻の葉文様」のような絵柄を箔で描いたタイル「Or Quatre(オル キャトル)」和のモチーフに影響を受けたデザインが数多くある 

  • fango_img

    3.「Or Quatre(オル キャトル)」は、粘土を素焼きしたあと、一度下釉をかけ、その上に箔を貼って焼き上げ、 さらに釉薬をかけてパターンをつくる

  • fango_img

    4.絵付けはステンシルのように、型紙を用いる

  • fango_img

    5.タイルは、ひとつひとつ吊るして窯へ移動するという独特の方法で焼成する

Produced by Copyright© 2014 HIRATA TILE CO.,LTD. All rights reserved.